春眠、眠りのススメ

2007年02月25日 23:47

とても眠い季節になりましたね。(^^:

気候が暖かくなると、

冬の寒さに緊張した身体が、

「ああ、もう大丈夫だ♪」と安心するから、

一休みなのかも知れませんね。(^^)
それと精神分析学的にみると、『眠い』という生理現象は、

心が無意識に入りたいと思っていることなのです。



まず、眠るというのは、心が無意識に入ること。

つまり『睡眠状態=無意識状態』なわけです。


人間の心は、もともと『無意識』が始まりですから、

眠った状態というのは、もっとも原始的な状態で、

『もっとも安定できる状態』とも云えるわけです。


ですから、「眠い」というのは、

『やすらぎ(安定)』を求めていることなので、

眠いとき、眠れる状態であれば、

なるべく眠ってみることをお薦めします。(^^)


※無意識には、いろいろなものが詰まっています。

それは心を癒してくれるものであったり、いままで記憶したものたち。

ですから、もし勉強や仕事に疲れたとき、

あるいは気持ちが落ち込んでしまったときには、

たとえ少しでも眠ってみてください。

眠っている間にも、心は働いていますから、

きっと無意識の『引き出し』の中から、「イイもの」

を見つけ出してきてくれるはずです。(^^)v


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)