人間は、失敗や恥から学ぶ

2002年02月01日 23:01

恥ずかしい思い・・・は、誰にでも経験のあること、ですね。

失敗も、誰もが経験済みだと思います。どちらも、とても

嫌なものだし、二度としたくない、が人情です。(^_^;)


だけど、失敗や、恥をかくことは、そんなに悪いことでしょうか?

もちろん、同じ『過ち(あやまち)』を何度も繰り返してしまうのは

少し考えものですが^^;、僕は、恥をかくことは、

人間を成長させる『糧(かて)』のような気がするのです。
人間は本来、怠け者です。(笑)

怠け者だから、いろいろなことを発明して、これだけの文化を築けたとも。

発明家たちは、みな失敗を繰り返して大成を成しています。

恥をかくことよりも、知らぬことを嫌って、多くの功績を残しています。


僕らとて、同じだと思うのです。

失敗を恐れ、それが恥ずかしいと、何もしなければ、

たしかに失敗も恥もかかずに済みますが、それて終わりです。

でも、それで、満足できますか?


それに一度、恥をかいたこと、って、案外と執念深く覚えていますよね。(笑)

恥をかいて、悔しい思いをして、「ちくしょー、今度はキチンとやってやる」と。


僕なんかは、恥をかいて、悔しい思いの中で覚えた知識のほうが、

ちゃんと身に付いているように思えます。

だから・・・という訳ではありませんが^^;、

「それで人生終るわけでもないし」と、

ある意味、開き直って、今日も積極的に恥をかいてます。

いや、積極的に、いろいろなことにチャレンジしています。(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)