ストレス耐性

2009年01月30日 23:50

最近、ストレス耐性という言葉が

使われるようになりました。

これはストレスに対する抵抗力みたいなもので、

この耐性が弱いと、心が病みやすくなってしまったり、

ちょっとしたストレスも我慢できず、すぐにキレてしまう

などの弊害が起きてしまいます。
心が病みやすい、すぐにキレてしまう・・・

いまこのことが社会問題になるほど、

ストレス耐性の弱い人が増えています。



さて今回は、このストレス耐性を精神分析学的に

考えてみたいと思います。


いきなりですが、話は生まれたばかりの乳児期に

タイムスリップします。


生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ自我がなく、

エス(無意識)一色の状態です。

母親の胎内にいたときには、お腹がすけば、

すぐに補給され、ウンチやおしっこの不快感もなく、

いわばストレスがまったくない※状態でした。

※ただし、母親の状態によって異なります。


しかし、この世にオギャと生まれてきたら、

そうはいきません。

「お腹がすいたなぁ」と感じても、すぐに食事(母乳)が

もらえるとは限らず、ウンチやおしっこでオムツが

汚れても、すぐに取り換えてもらえるとも限りません。


生まれたばかりの赤ちゃんは、そうした不快な状態になると、

我慢ができず、警告サインのようにむずがったり、

すぐに大泣きしてしまいます。(^^:


これはエスが「少しの不快も我慢しない」という

快楽原則にあるからです。

誕生とともに芽生え始める自我は、このエスが訴える

不快(反応)をすぐに取り除こうとしますが、

まだ未熟ですから、うまく対処できず、オロオロと

非常に不安になります。

こうした不安を本能不安と云うのですが、今回は

その話ではありません。(^^:


本当であれば、そうしたエスの発する不快反応に

対する不安を、自我が我慢することを、

覚えなければならないのです。

・・・が、このとき母親なり、赤ちゃんを看る人が、

赤ちゃんの反応(むずかり、泣くこと)に過敏になすぎて、

むずがらせないように、泣かせないように

してしまうと、自我は我慢を学習できず、

かえってストレスに弱い子どもに育ってしまう。

ストレス耐性の弱い人ができてしまうわけです。


まあ、なかには「泣け泣け、泣くのが赤子の商売や」

と泣かせておく親御さんもいらっしゃいますが、

それも一理あって、無理に泣かすこともないんですが(笑)、

不自然に気を遣うことをせず、

腹がへったら、ひもじいもんや

お尻が汚れたら気持ちが悪いもんや

それも現実や

いまやってやるから待っておれや

と、不快なことも覚えさせ、我慢することを

覚えさせてあげることも大事なんじゃないかと

思うのです。


つまり、そうした乳幼児期の過ごさせ方が、

ストレス耐性の強弱のカギを握っている。

赤ちゃんは、そうやって現実のなかで、

我慢することを覚え、ストレス耐性を

育んで行くわけです。


でもそうやって考えると、

子どもがむずがったり、泣いたりするのを、

どれだけ我慢して見守ってあげられるか・・・

まあ、見守るっていうのも変ですが(^^:)

親としては子どもに不憫な思いはさせたくない。

けど「これがこの世の現実だ」と教えてあげる、

そんな「せつない」ことに耐える親自身のストレス耐性が、

子どもの耐性を育ててあげるカギなのかも知れませんね。


どうぞ、過保護になり過ぎないようにして、

ストレス耐性の強い子(人)に育ててあげてください。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gokurakutombo98.blog112.fc2.com/tb.php/4-d8c0bfc2
    この記事へのトラックバック