大人の責任

2001年10月28日 23:22

大人たちは、よく「いまの子供たちは、夢がない」と嘆きますが、

それは子供たちの責任ではなく、私たち大人の責任です。


大人が世間話で

「もう不景気で、不景気で、これからの時代は、どうなるのだろう」

と話せば、子供たちは、どう思うでしょう。
私たちは不景気でも、ある程度、生活を維持して行けることを

知って話してます。

でも子供たちは、自分が頼る親たちが「もうダメかも」と云って

いれば、それを信じるしかないわけです。


そうなれば、私たち大人が思う以上に、

子供たちの心には『暗澹(あんたん)たる雲』が

立ち込めてしまうのではないでしょうか。


そんな思いの彼らに、大人たちは「夢を見なさい」

と酷な注文をしているわけです。


私たち大人は、未来ある子供たちのため・・・

いや自分自身のためにも、

もっと、言葉や行動に責任を持つべきなのかも知れませんね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)