心を流す

2001年10月14日 23:01

月日や時間が流れているように、

あなたの心も常に流れています。


楽しいとき、時間の流れが速く感じられるのは、

あなたが、その楽しさに夢中になっているから。
悲しいときや、辛いとき、時間が長く感じられるのは、

あなたの心が「時間よ早く過ぎろ」と、辛いことに夢中・・

釘付けになっているから。

もちろん、どちらの時間も平等に流れています。

辛さから早く解放されたいのは、正直な人の気持ち(心)ですが、

その気持ちに心を奪われてしまうと、ますます辛さを感じて逆効果になります。


そういう場合は、ただ、その辛さを「仕方がないもの」として(あきらめて)、

時間と共に『心も流して』みると良いと思います。


※必要以上に辛さを感じてしまう人、いつまでもクヨクヨしてしまう人は、

えてして時間の流れに逆らって『心を停めてしまう人』です。

つまり状況は変わっているのに、いつまでも過去の辛さを感じたまま、

引きずってしまうのですね。

そう、状況は時間と共に、刻一刻と変わっていますよ。

いちど深呼吸でもして、周囲を見回してみてください。

違う何かが見えてくるはずです。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)