劣等感の なにが悪い

2001年10月06日 23:47

『馬鹿になれ』と森田博士は云ってます。

これは決して自分を卑下して、そのまま馬鹿に徹しなさい

という意味ではないのです。


人は、どうしても自分より優れた人を見ると、自分の劣等感が

気になり、卑屈な気分になります。

そして、自分が努力していないことを棚上げして、ついつい

その人をコケおろして、ますます自己嫌悪に陥ってしまう。

それなら、いっそ素直に、どんどんと羨みましょう。

そして、地団駄踏みながら、意地になってみましょう。


馬鹿になりきって、優れた人から良いものを、どんどん盗んで真似をして、

自分がその優れた人を超え、馬鹿でないようになれば、

それで良いのです。(^.^)


自分より優れた人は、必ず、そのぶん努力しています。

それは恐らく、並々ならぬ努力だと思います。

きっとその人も、自分の劣等感から立ち上がった人なのです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)