続・人間関係を楽にする知恵

2008年10月30日 23:45

虫の居所が悪い、虫がいい、虫唾が走る、虫の息、

腹の虫がおさまらない、虫の知らせ・・・

どうやら私たちの身体の中には『虫』がいるらしい。(笑)



そう・・・昔は、私たちの心身の中には『虫』がいて、

それが病気や、さまざまな問題を引き起こしているのだ

と信じられていました。

ですから、
相手に『虫が好かない(気に食わない)』ことをされても、

「ヤツの虫がそうさせるんだ」

と、全部「虫のせい」にして相手を許し、

余計なモメゴトを起こさないようにする、

という生活の知恵にも使っていたわけです。


そうなると、昨日書きました「心が病んでしまった」

ような状態も、どうやら『虫のしわざ』みたいですね。(^^:


ならば、その虫の正体は何かと考えますと、

精神分析学的にいえば、それはどうやら

無意識(エス)らしい・・・と云うことになります。


でも、無意識はたしかに、無邪気で、

好き勝手のし放題ですけど、

(昨日も書きましたように)

悪いのはその無意識の中にある固着であって、

その『固着虫』を鎮めてあげれば、

それほどの悪さもしなくなるはずなのです。


昔は、『虫封じ』といって、そんな暴れまくる虫を

神社などで祈祷して、神様に鎮めてもらいました。

さしずめカウンセリングは、そうした祈祷と同じ

役割りなのかなぁ、なんて思ったりすることがあります。

つまり、

きっと心の中の虫も、何かワケ(理由)があって

騒いているわけですから、

「彼(虫・無意識)の話を、じっくり聴きましょう」

というのがカウンセリングというわけです。



さて、それと人間関係を楽にする知恵と、

どう関係があるのでしょう?(^^:


それは、

自分と相手の中の虫に、耳を傾けてみましょう

という提案です。


よく、相手の立場に立つ、相手の気持ちになる

ことが、人間関係を良くするコツと云いますよね。


でも、冷静でないときには、相手の立場や気持ち

どころか、自分の立場や気持ちすら忘れてしまう

のが人間ですから(^^:なかなか思うようにはいきません。


そこで、昔の知恵を拝借して、

自分の気持ちも、相手の気持ちも、いったん

「ぜーんぶ、虫のせい」にしてしまうのです。


そう・・・

「自分と相手が冷静でないのは、すべて虫が悪い」

だから、どっちも悪くない。

もし、どうしても、そうは思えなければ、

まず「自分は悪くない」からスタートしても良いです。


とにかく、モメゴトのほとんどは「どっちが悪いか」の

『責任の所在』がテーマ(笑)ですから、

その責任を虫に押し付けてしまえば、

少しは腹の虫のおさまりますよね。


そして冷静になったら、まず先に

「相手は、どうしてそんなことをしたのだろう?」

と考えてみる。

そして次に

「じゃあ、自分はどうなんだろう?」

と考えを進めて行くと、

案外と「なるほどなぁ」と思える部分に

突き当るはずです。


もちろん、人間関係はそんな単純なものではなく、

もっと複雑な場合も多いですし、

(昨日書きましたように)一方的に「難くせ」を

つけられてしまうことも多々ありますが、

そうした場合でも、

じっくり考えることで、相手が自分に求めていることや、

自分はどうすれば良いのか?の答えも、

なんとなく見えてくるのではないでしょうか。

相手がわざわざ自分を選んで「難くせ」をつけるには

それなりの理由があるはずですからね。


何より、状況や先行きが見えないことほど、

不安でイライラすることはありませんから、

まず、それが何となくでも見えてくれば、

すぐに解決できないようなことでも、

じっくり対処することが出来そうですよね。



まあ、全部の責任を押し付けられる『虫』には

気の毒ですが(苦笑)、

お互い相手の無意識(エス)が悪いと云ってしまうと、

身も蓋もなくなって、またモメゴトが

再燃してしまいますので(^^:、

同じ無意識が悪い(原因)だとしても、

その無意識の中に、さらに

どうしようもない悪党虫がいて、そいつが騒ぐから

「こんなことになるんだ」

ということにしておけば、

お互いの腹の虫も

「それなら仕方ないね」

と、少しは収まるのではないでしょうか。


え? それはあまりにも虫が良すぎますか?

まあまあ。(^-^;本当のことですから。(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gokurakutombo98.blog112.fc2.com/tb.php/138-5385a3d5
    この記事へのトラックバック