自分がやる

2007年12月03日 23:10

僕の信条というのか、生活習慣の中で

『誰かがやるだろう は 自分がやる』

というのがあります。

つまり、その『誰か』が『自分』って訳です。


でもそれは献身や犠牲的精神というより、
「人に(美味しい部分を)とられてたまるか」

の精神に近いかも知れません。(笑)


つまり、

何かをすることで得られる発見や知識という

(今ふうにいう)『経験値』を自分が頂く。

そんなウマミを「人に渡してなるものか」の卑しい精神、

といえる部類のモノなのです。(^^;)


もちろん、だからといって「自分が自分が」

も出来ない性格なので、

誰かか食べ残したらもらう、という感じなんですけどね。


それに一度に『やれること』には限界があるので(^^;)

「あれもこれも」ではなく、

気がついて「(時間的に)やれそうなこと」をやるだけなので、

「(わざわざ)してやった」という気負いも恩着せもないし、

なにより自分に無理がないので長続きしているのだと思います。


で、とにかく、そういう事を続けていると

毎日の単調な生活にもメリハリがつくし、

簡単な仕事でも いろいろな発見があって楽しいです。

「たかが皿洗い」でも、「ごみ捨て」でも

良い気分転換になるし、小さな知恵もつくし。


最近は、そんな楽しさを息子にも『押し売り』したくて(笑)、

「やってみると楽しいよ(*^^*)」と誘ってみるのですが、

なかなか乗ってはこないですね。(^^;)

でも、そんな彼にイライラすることもなく、かえって

「やらないの? じゃあ、ご馳走様(^ー^)」と

いそいそやってる自分が可笑しかったりします。(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)