稲尾投手で思うこと

2007年11月13日 23:05

これから先、稲尾投手が活躍したような

タフネスな時代が、また来るでしょうか?

答えは・・・

うーん、と考えてしまいます。
当時の投手は稲尾さんに限らず、ほんとタフでした。

エース級の選手は「毎日投げてない?」と思うほど

みなさん、ほんと連投してました。


そのタフさは、どこからくるの?と考えると、

それは体力はもちろんですが、やはり精神力では

ないかと思います。


とにかく昔は今と違って『人力だけが頼り』ですから、

身体を使う、歩くは当たり前。

そんな環境で育った人たちですから、

当然、体力もつきます。


でも、いまほど食べてはいないはずなのに?

きっと、このへんが大きな誤解なんでしょうね。

つまり「食べれば体力がつく」はウソ。

いくら栄養のあるものを食べても、身体を動かさなければ、

メタボになるたげ(^^;)筋肉も持久力もつきません。

ある意味、おかずは乏しくても穀物さえしっかり摂って、

しっかり動いていれば・・・なんですよね。


そして精神力。

これはもう、我慢と根性に尽きるでしょうね。

現代人に欠けているもの、そのものだと思います。

すっかり文明が人間を骨抜きにしちゃいましたね。


やっぱりそう考えると、スポーツ界に限らず、

昔のような『偉業』は、もう望めないのかな・・・と

寂しい気持ちになります。

『文明の利器』を捨てて、奮起できないものでしょうか。

自戒を込めて。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)