悪の連鎖

2007年08月21日 23:01

祖父を絞殺してしまった16歳の少年が

千キロほど離れた東京で逮捕されましたね。

記事によると、少年の両親は医師と歯科医で、

祖父は少年にも医師になって欲しかったとありました。

ああ、やっぱり、

そして、またか・・・と残念に思いました。
以前にも、医師の父を持つ少年が、自宅に放火し

母親と幼い弟妹を焼死させてしまった事件がありましたね。

父親はとても反省し、「息子と人生をやり直す」と。

今回も、その事件の教訓が活かされなかったわけですよね。。


先生と呼ばれる人の子ども、そして

エリートと呼ばれる人の子どもと家族の悲劇が

後を断たないのはとても残念なことです。


事件に発展しないまでにも、

心を病んでしまった人たちを私も数多く知っています。


親は子どもを自分と同じような道を歩ませたい。

子どもも、親の期待に応えようと頑張る。

でも、その重圧は測り知れないほど大きいものです。

とても痛々しい限りです。


結局、親たちも、その親たちから過度の期待を

かけられ、頑張ってきてしまった人たち

だったりするので、誰が加害者で、誰が被害者と

いうことも云えないわけですが、

こうした悪い連鎖を、

何処かで断ち切れないものでしょうか。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)