もっと怒らにゃ

2007年06月25日 23:56

『国家ぐるみの振り込め詐欺』と云えば、

「あ、年金問題ね」と小学生でも分かるぐらい、

毎日、呆れた事実が明らかになってくる年金問題。
ここに書き上げるまでもなく、詐欺的行為は事実なんですから、

「もらえるかどうか」の相談や審査なんてやってないで、

『すべての人の満額支給を約束します』ぐらいの事をしないと、

収まりがつかないのではないでしょうか。

それとも、国民全員が原告となって、

社会保険庁に訴訟を起こし、償ってもらうかですよね。



【25年ルール】

年金の支払いが25年に満たない場合・・・1ヶ月でも欠けた場合、

それまでの納入額はすべて没収され、年金は支払われない・・・

というルールがあります。


これだって、国が勝手に決めたルールで、

しかも我々が年金を納める最初に時点で、

「こういうルールがあるんですけど、宜しいですか?」

という説明を社保庁から受けた人など皆無ではないでしょうか。

もし国が「それは国民の義務だから」というのであれば、

国も国民一人ひとりに対して、納得の行く説明を初めにする

義務があるはずですよね。

第一、年金は税金と違い、我々の個人的な資産(預金と同じ)

な訳ですから、納めた年金の元金は保証されるのは当然で、

この問題一つにしても、【国家的な詐欺】といわれても

仕方が無いのではないでしょうか。


と、いきなり今回の『年金問題』いや、『事件』の話から

逸れてしまいましたが・・

これが民間企業の行為であれば、すぐに社長や幹部は逮捕され

実名報道されるんですよね。

でも、この社保庁の問題に限らず、国家ぐるみの問題となると、

司法もマスコミも甘いですよね。


我々も「もらえるかどうか」「もらえないんじゃない」

なんていってないで、もっと怒るべきです。

そして「絶対に許さない」という気持ちで向き合わなければ、

いつまで経っても、国民は国の食い物にされるのがオチですからね。

みなさんは、どう思われますか。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)