スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチローさん、おめでとうございます

2016年06月16日 23:26

イチロー選手がピート・ローズ氏の安打記録を抜きましたね。
メジャー通算ではないなどいろいろな見解もありますが、
しかし、コツコツと積み上げる記録という意味ではやはり偉業、
大記録であることは間違いないと思います。

ですがインタビューでイチロー選手はさほどの喜びもない様子でした。
それは彼にとって単なる通過点ということや、メジャー通算ではない
というケチのせいもあるのだと思いますが、それよりも私には
記録保持者であるピート・ローズ氏が彼にとって
「尊敬する人ではなかった」
ことが大きいのでは?と感じました。

イチロー選手はインタビューで
「彼の記録を抜く人に現れてほしい」
「それはジータ選手のような人格者であってほしい」
と述べてましたね。

これを深読みするなら、もしピート・ローズ氏が『人格者』で、
イチロー選手の偉業を手放しで称賛する人物であたったなら、
たぶんイチロー選手も飛び上がるほど喜べたのかもしれないし、
イチロー選手本人も本当は「そうしたかった」かもしれませんよね。

ピート・ローズ選手といえば誰もが知るメジャーリーグの英雄でしたから
イチロー選手だって目標のひとりだったはずですから。。

私もピートローズ氏のインタビューを聞いて残念でした。
彼の気持ちもわからなくもありませんが、
しかしそれでも彼は手放しでイチロー選手を絶讚すべきでした。
いや、するべきだと思いました。

安打を打ち重ねることの難しさ、大変さはピート・ローズ氏自身が
一番知っているはずですからね。

仮に、日米に実力差があったとしても、
それは彼が論ずべきではなく周囲の人たちが
「彼はそうやってイチロー選手を讃えるが日米は違うでしょ」
と評するべきもので、それを彼が語ってしまったら、
彼自身の記録も価値を失ってしまう気がして
ほんと残念でなりませんでした。


しかし日米の実力差といいますが、
それを「(記録上)同一視されたくない」と思うなら、
「劣る」という言葉もおかしいです。
だって比較にならないと思っているのでしょ?

私自身、物事を比較や優劣で語るべきではないと考える人間ですが、
あえて云わせていただくなら、
たしかに絶対的なパワーの面では劣るかもしれませんが、
逆に緻密さに関しては優っていると思いますし、緻密さゆえにヒットは
日本のほうが打ちづらいと感じるのは私だけでしょうか。

もとよりそれは、ベースボールと野球の違い、それぞれの特徴差で
あって、優劣を決められるものでもない、のですけどね。(^^:


イチローさん、おめでとうございます。
また明日からの試合、楽しみに応援してます。
スポンサーサイト