スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな誤解

2013年10月22日 19:05

「いつもニコニコとして、お幸せそうですね」
と、よく言われます。

何の悩みも苦しみもなさそう・・という意味だと思うのですが、
まあ、そう言われて嬉しくないワケではないけれど、
「そんなに能天気に見えるのかなぁ」と複雑なのは確かです。(苦笑)


悩みや苦しみの渦中にある人にとって、周囲の人たちは、
「何の苦も無く、楽々と過ごしている」ように見えるらしい。

でもそれって、本当でしょうか?

この世の中に、何の悩みも苦しみもない人が居るのでしょうか?

それは大きな誤解のような気がします。

そして、その誤解によって、自分を過少評価しかできなくなり、
苦しみが倍増しているとすれば、とても残念なことだなぁと思います。


私なんかもそうですが、いつもニコニコしている人は、たぶん、
「泣いていても仕方がない」
と思うから、いつも笑っているのだと思います。

そして、もっと前向きな人は、
「泣いているより、笑っていたほうがきっと良くなる」
と考えて、いつも笑っているのだと思います。

もちろん、いろいろな悩みや、苦しみがあるのは、
どんな人でも同じです。

むしろ、笑っている人のほうが、私などから見れば、
「きっといろいろ大変なんでしょうね」
と思うくらいです。

なぜって、本当は笑っていられないくらい、
生きるって大変なことだと思うから・・。


しかし、やせ我慢でも、ニコニコ明るくしていたほうが、
良いモノが飛び込んでくる・・というのは本当の話です。

しかめっツラをしていれば、
悩みや苦しみに押し潰されそうな仲間にしか出会えません。
そこに良い情報なんて期待できませんよね。

逆に明るくしていれば、
それでもガンバロウと思う同志たちが集まるし、
耳よりな情報だって得られるはずです。


もしあなたが、より良く生きたいと思うのであれば、
「自分だけがツラいのだ」
という大きな誤解を捨て、
無理にでも明るく振る舞い続けてみて下さい。

必ずきっと、いまの悪循環から脱し、
良い循環に出会えるはずです。

ちょっと根気がいりますが、ぜひお試し下さい。
スポンサーサイト